専業主婦でもおまとめローン出来るのか?

収入を持たない専業主婦がおまとめローンをする事が可能でしょうか?結論から申し上げると、消費者金融ではほぼ不可能、銀行の場合でもかなり厳しいと言えます。今回は専業主婦がおまとめローンをする事が困難な事についてお話しします。

「総量規制」導入と共に収入のない者はローンが組めなくなった

まず、「総量規制」というものを説明する前に、銀行と消費者金融の違いについてご説明します。お金を借りるという面では、一見銀行も消費者金融も同じ様に見えますが、実は運用そのものが異なります。その違いは簡単に説明すると次の通りです。

  • 銀行は「預金」を扱い、手形の割引、為替取引による業務で発生する手数料で利益をあげる。
  • 消費者金融は「融資」を目的とし、「融資」で発生する利息で利益をあげる。

そして、銀行と消費者金融が運営するにあたり、適用している法律も違います。銀行は「銀行法」、消費者金融は「貸付業法」です。まずはこの事を理解して下さい。

「総量規制」とは「貸付業法」に対して2010年に導入された新たな制度です。その制度の内容としては次の通りです。

  • 借入の限度額は、借入者の年収の1/3まで

という制度が取り込まれました。文字通り、借入の「総量」を「規制」する訳ですね。2010年までは、実はこの様な制限はなく、貸付業者が自由に貸付を行う事が出来ました。その結果、多額の借金を背負い、自己破産をする人が増えたため、法律的に縛りをかけたのがこの制度です。

制度が導入された事に伴い一番影響が出たのが、専業主婦です。それまでは自由に借入が出来ていたものが、今度は収入がないと借入が出来ないという状況に陥ったのです。そのため、専業主婦の方については、今ではおまとめローンどころか消費者金融のカードローン申請ですら通らなくなったのです。

一応、それらの制度に対する緩和策として、各消費者金融は「配偶者貸付」と呼ばれる契約形態も取るようになりました。「配偶者貸付」は、夫婦二人の収入の総合計に対して、年収の1/3まで貸付を行える制度です。ですが、これには配偶者の同意書等も必要となり、通常の申請時より何かと手間がかかる事から、消費者金融側としてもあまり押し出した金融商品とはしていません。

さらには、夫婦二人の収入の総合計であり、かつ契約者に「安定した収入がある事」という事も条件に入れている業者も多く、専業主婦の方が契約者となる場合は、この安定した収入がなければ借入が出来ないという条件となっています。

要するに、専業主婦であったとしても、パートやアルバイト等で収入がない限りは契約が出来ないという事になります。消費者金融でのおまとめローンはほぼ不可能と考えた方がよいでしょう。

「総量規制」は関係のない銀行でも、おまとめローンは難しい

専業主婦が消費者金融でのおまとめローンを組むことが難しい理由は先ほどのご説明した通りです。では、銀行でおまとめローンをする時はどうでしょうか。

正直、審査の基準においては、消費者金融より銀行の方が厳しい状況にあります。収入がないという面では、消費者金融と同様で回収を見込めない相手という見方をしてきます。また、おまとめローン申請者=多重債務者という見方もされるため、そのハードルは非常に高いと言えます。

しかし、銀行の場合ではおまとめローンが完全に出来ない訳でもありません。先ほどの説明で、銀行と消費者金融の間では、「銀行法」と「貸付業法」で法律が異なるという事をお話ししました。そして、もう1点異があります。それは「担保貸付」と「信用貸付」の違いです。

銀行の場合、ローンの多くは「担保貸付」を行います。分かりやすい例で言うと、自動車ローンや住宅ローンです。これは、自動車や住宅という財産的価値のあるものを担保として貸付を行います。そして、消費者側が返済不可能な状態となった時に、その財産的価値のある動産や不動産を回収し、換価する事でそのリスクを補います。

一方で、消費者金融と呼ばれる業者は「信用貸付」という方法で貸付を行います。文字通り、消費者の「信用」に対して貸付を行います。つまり、消費者が返済不可能な状態となった場合には、回収するものがありません。そのため、消費者金融は申請者に対して、過去の取引や収入面など、あらゆる面から慎重に審査を行い、融資可否を決定します。

この様に、消費者金融の立場に立ってみれば、かなりリスクのある融資と言えます。つまり、銀行でおまとめローンを受ける場合、担保となる財産があればおまとめローンの審査が通る可能性があります。なかなか難しいかもしれませんが、家が持家であったり、新車を持っていたりする場合に、それを担保として借入れが可能になる可能性があります。あるいは、連帯保証人を付けるなど、担保以外の面で、銀行側が考えるリスクに対する補てんが出来る条件であれば、おまとめローンの申請に受かる可能性があります。

以上の通り、専業主婦の方はおまとめローンをする事が非常に難しいと言えますが、銀行であれば担保融資を条件におまとめローンの審査を受ける事は出来る可能性があります。