金利の違いでおまとめローンの総額が左右される

おまとめローンは、適用される利息率(金利)により、その総額は大きく左右されます。おまとめローンのまとめ方に失敗すると、余計に返済金額が多くなり、おまとめローンにより損する可能性があります。今回はこのおまとめローンの金利についてお話しします。

銀行と消費者金融の利息の違い

まずはおまとめローンという商品についてです。おまとめローンは、消費者金融業界で主に使われています。銀行ではおまとめローンという名称を用いて金融商品を紹介している会社はあまりありません。

銀行の場合、カードローンやフリーローン等と称した名称で宣伝している事が多く、その使途はあくまで自由とされています。要するに銀行で融資を受ける場合は、その借入目的が他社への借金返済であろうとなかろうと、何でもよいのです。その一つの使い方に他社への借金返済へ充当するという事に他なりません。では、銀行と消費者金融の場合において、その貸付利息はどうでしょうか。

カードローンも、主に消費者金融と銀行の2種類が主流となっています。そして、消費者金融では「貸金業法に基づく利息制限法」を使って、その利息を取り決めています。具体的な利息は次の通りです。

  • 限度額10万円未満まで【利息20%以下(年率)】
  • 限度額100万円未満まで【利息18%以下(年率)】
  • 限度額100万円以上の場合【利息15%以下(年率)】

と定められており、これを超える利息で貸金業を営む事は出来ません。そして、消費者金融でおまとめローンを組んだ場合は、限度額100万円以上の場合が多く、利息は15%に設定される事がほとんどです。

では、銀行はどうでしょうか。銀行はこの「貸金業法」を守って運営している訳ではありません。銀行は「銀行法」に基づいて運営しています。そのため、その利息設定は利息制限法に準拠する事はなく、各銀行それぞれの計算方法において設定されています。では銀行における利息設定は大体次の通りです。参考にして下さい。

  • 限度額10万円未満まで【利息12~14%前後(年率)】
  • 限度額100万円未満まで【利息10~12%前後(年率)】
  • 限度額100万円以上の場合【利息6~12%前後(年率)】

この利息の変動は、銀行の規模、利益率及び融資する消費者の貸倒のリスクを考慮した結果算出される利息設定となります。
ここまで見てもお分かりの様に、消費者金融と銀行の利息設定では銀行の方が明らかにその利息設定は低いと言えます。100万円以上の借り換えに変更した場合は、その利息は大きくて9%程度も変わってきます。

つまり、これはおまとめ金額が100万円の場合、利息だけで既に年間9万円程、消費者金融でおまとめローンを組んだ場合の方が高くなるという事を表しています。完済まで5年ほどかかると仮定しても、総額で30~40万円程、消費者金融でおまとめローンをした方が高くなるという結果になります。

金利は交渉出来るものか

では、この金利は交渉出来るものでしょうか。残念ながら金利の交渉はほぼ受け付けてくれません。消費者金融の場合は、特にこの金利により利益を得ています。そのため、この金利は会社の儲けと直接的な関係があり、その儲けを下げる様な対応は出来ません。大半の人が各貸付上限に対する最大の金利を設定されています。

一方で、銀行での利息の算出方法については、先ほど上記で申し上げた通り、銀行側の規模、利益率及び融資する消費者の貸倒のリスクを考慮しているとお話ししました。もう少し具体的に言えば、銀行側は融資する原資を預金者の預金を使用して貸付しています。

この預金者の預け入れに対する利息分は少なくとも確保する必要があります。次に銀行側の従業員を賄う給料を確保する必要があります。そして、消費者の貸倒に対するリスク費も計上する必要があります。預金者への利息や従業員の給料は、銀行側の規模により変わる部分であり、規模が大きな会社であれば、多数の融資先を確保する事で一消費者の金利を低く設定出来るため、この2つの費用は少なく抑えられる事になります。

また、消費者の貸倒に関しては消費者自身の与信結果に次第でそのリスク費が高く設定されたり、低かったりします。つまり、銀行へ融資申請を行うに当たっては、金利の交渉というよりはむしろ、出来るだけ大手の銀行に申し込む事を心がけ、かつ自分の与信状況を高める事で、若干の金利低減の余地はあると言えます。

以上の事より、おまとめローンを行う場合は、まずは大手銀行への融資申請を優先する事が賢明な手段であり、消費者金融に対する申請は後回しにするほうが良いと言えます。先に消費者金融を選択してしまっては、銀行でおまとめローンを組んだ場合と比較し、返済総額に数十万円の開きが出来てしまう可能性があるため、おまとめローン申請は大手銀行が第一歩となります。